姫ののんび~りめいぽ日記♪

~リアルな粉雪姫の一日♪~
TOPスポンサー広告 ≫ ショックなニュースTOPリアルな話w・・・(・・;) ≫ ショックなニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ショックなニュース

ミクシーのニュースでみつけた記事で

「一時帰宅、40日間主人を待ち続けた愛犬が…」

=============================================================================
 記者も防護服を着て福島県川内村の警戒区域に入った。午前11時過ぎ、村民体育センターから報道陣用のバスに乗り、住民を乗せた5台のバスに続いた。

 道すがら、菜の花畑や豊かな山菜が見られ、初夏の彩りに包まれていた。だが、気密性の高い防護服は暑くて息苦しく、汗ばんでゴーグルは曇る。新緑の山道を30分ほど走り、吉野田和地区に着いた。10世帯17人が帰宅する地区だ。

 穏やかな風景と似合わない防護服姿の住民は、やりきれない思いで通帳や衣類などを袋に詰めていた。

 同県矢吹町で避難生活を送る秋元昭一さん(60)は自宅前で一度立ち止まり、恐る恐る犬小屋に近づいた。震災後、ペットの犬2匹に餌を与えるため自宅に数回戻ったが、この40日間、世話ができなかった。今回の帰宅の最大の目的は、愛犬の様子を確かめることだった。この日の帰宅ではペットの持ち出しは出来ないことになっている。

 「ジョン」――。愛犬の名を静かに呼んだ。反応がない。犬小屋に近づくと、アイリッシュセッターのジョン(雄、15歳)は、もう1匹の子犬と一緒に体を丸めたまま死んでいた。

 「助かる命だったのに、本当にごめん……」。肩を震わせ涙を流しながら、亡きがらをそっと抱きしめ、わらを敷いた穴に葬った。
===========================================================================

この記事を見てペットの尊さを改めて実感しました。

人間の意志で飼われてたのにこんな死に方は本当に可愛そうすぎる。

きっといつか飼い主が戻ってくると思って信じて待ってたんだろうなって思います。

ワンちゃんがまさか人間の世界がこんな大変なことになってるなんて思いもしないだろうし…

でもきっと天国に行ったら理解してくれて飼い主さんの事も見守ってくれてるといいなって思います。


でも他にもこんな死に方してるワンちゃんやネコちゃんが沢山いそうな気がします。

範囲が広すぎて、ペットの身の安全まで国が保護する事が出来なかったのかも知れないけど

もう少し手段はあったんじゃないかな…

って思います。

一時的にペットを預かって貰える施設やペットショップや動物病院の方にボランティアでも

見てくれてる人がいたら。

防御服を来てでもエサだけでも被災地に運んでくれる人が居れば…

今回の原発に関係者とかがね。

ペットの為に人間は犠牲にはなれないのかな~

ペットと人間を置き換えて考えられたらそれぐらいのことしても罰は当たんないと思うんだけど。

きっと色んな飼い主さんがいて、ワンちゃんをつないだまんま非難した人。

もしくは生きる為に鎖を外した飼い主さんも居たと思います。

でもどっちの選択も責める事は出来ないと思う。

もし野良犬化して凶暴化したとしてもそれは仕方ないと思います。

それを恐れてつないだままにした飼い主さんもまさかこんな形になるとは思ってなかっただろうし。

でももしひめがワンちゃん飼ってたらどうするだろう。。。

って思うと、多分知り合いに世話をお願いするか、身よりも無かったらランダムで色んな

ペット関係の施設に連絡してたと思います。

もし車でどこかに行けたら連れて行ってたかな~

でもそこまで行動できなかった人の方が多いと思うけど。

つないだままか自由にさせてあげるかの2つの選択肢しかなかったとしたら、

きっと放してあげてただろうな…って思います。

もし二度と会えなくなっても生きてて欲しいから。

飼い主のわがままかも知れないけど、野生化しても生きていて欲しいと思います。

もしそれで野生同士喧嘩して死んだり餌がなくて死んだりしたとしても

つながれたまま死ぬよりは後悔しないような気がします。

ペットは元々野生の物なので動物的勘で生きていくような気がするから。

もしそれで亡くなったとしてもそれは自然の法則なので仕方ない事なんだと思います。

今回のペットの死は、やっぱり人間の責任かな…って思ったり。

飼い主さんだけじゃなくて、人間社会の犠牲になったワンちゃん。

そう思うと、ペットを飼う時ってそう言った最悪の時のことも考えて飼わなきゃなって

改めて思ったのと、いま普通に餌も与えられて毎日幸せに過ごしてるうちの猫ちゃん達は

ほんとに幸せな子達だな。って改めて実感しました。

いつか亡くなるペットちゃん達だけど、ペット達にも悔いのない生き方をさせてあげたいなって思います。

きっとこの亡くなったワンちゃん達は幸せだったと思いたいです。

被災地で亡くなられたペットちゃん達のご冥福をお祈りします。

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。