姫ののんび~りめいぽ日記♪

~リアルな粉雪姫の一日♪~
TOPスポンサー広告 ≫ これって職業病かな…TOPリアルな話w・・・(・・;) ≫ これって職業病かな…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

これって職業病かな…

なぜか下に貼った「西野カナ」の曲が削除されちゃってますが~w

気にせずに…(^▽^;)

しっかり曲はユーチューブでダウンロード済みw

+。。。。+゜+。。。+゜+。。。+゜+。。。+゜+。。。。+゜+。。。。+


それはそうと~w

またまたお仕事の話なんだけど、今3つとも全て電話のお仕事をしてるんですが。

その中の一個の企業で、ある研修がありました。

いわゆる、電話でのお客様との接し方と応対の研修です。

Σ(^∇^;)えええええ~

いまさら~~

って感じなんだけど。

慣れててもやっぱり電話の応対や敬語や尊敬語丁寧語ってうまく使えてないらしく~

クライアント様から要請があっての研修(・・;)

と言ってもひめがいる課は殆ど同じ事を案内する仕事だしマニュアルどおりに話してたら

ほぼ間違いないお仕事だと思ってました…

でも研修を3日間受けて、やっぱり架電も受電もそれぞれにやっぱり言葉遣いや話し方って

大切なんだって勉強になったかなw

一日目の研修は、聞き方について。でした。

相手の話を聞くことで相手に与える印象で、こっちの聞き方次第でお客さんも話しやすい雰囲気を作る

って感じかな?

二日目は、もちろん話し方。

これが一番重要だもんね。

でもやっぱり改めて勉強すると間違った敬語や謙譲語。2重に謙譲語で話したりしてたり~

よく聞いてみたら変だったり…

まぁ丁寧すぎる事に越した事はないもんねw←開き直りw

講師の先生はそんな研修ばっかりを色んなコールセンターでやってる女性の方で

やっぱりいう事が凄~いw

研修も退屈しないのでプロって感じです。

電話でも直接会って話すのも人間関係だもんね。

きっと人間関係をうまく築ける人は話し方も上手なんでしょうね。

そう思うとコールセンターの仕事もコミュニケーション能力も必要みたいです。

少なからず…コミュニケーション能力はあるほうかも。

ただ…。

この3日目の研修で自分自身のある事を発見しました…

一つの事をやらせておくと抜群に能力が身につくようです。

そして全く初めてのことは全く出来ない…

前からそうじゃないかとは思ってたんだけどね。

その三日目の研修は、電話でのロールプレイング。と言っても2次元のゲームじゃないですw

同じ社員同士でお客さんとコミュにーケーターになって架空の電話のやり取りをするってやつ。

これって普段仕事でやっててもこの場になるとめちゃ緊張するんです。

相手がお客じゃないはずなのにw

話す内容もいつも話してる内容なら別に緊張もないんだけど、

今回は「お弁当屋さん」って言う設定。。。。(ノ_-;)弁当屋で働く予定はないんですがw

しかもそれを録音してダメなところを4人で聞いて感想を述べ合って、

先生も悪い口癖を指摘されたり。

録音だけでも緊張なのに…。

こんな仕打ちってなに~

ほんとに心臓に悪い一日でした。それが昨日の事なんだけどね(^▽^;)

実を言うと自分では電話の応対は自信があるほうだったんだけど。。。

まぁ完璧ではないようです(・・;)

↑完璧な人は誰一人としてベテランさんの中にも居ませんでしたが…

お客さんになる人のトークもそれぞれにマニュアルが作られてて、

4パターンあって2組づつ行いました。

ひめは2番目で注文を聞くお店の人の役です。

って言うかこーいうの一番苦手な電話応対なんですが~

だって電話受けるのが無理で仕事辞めようと思ったぐらいだしね。

で。

案の定。。。受電が向いてない事を誰もが思ったでしょう。

お客さんの注文のお弁当を2回も聞き間違えました。。。

お客さん役の派遣さんにも呆れられたり(ーー;)

始めわざと間違えて言ってるのかと思ったぐらい。

電話の人の言ってる事ちゃんと聞いてるはずなのに違うところにチェックしてました。

緊張のしすぎかw

電話応対以前の問題かと。

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん! かっこわり~ぃ

ぎっとお弁当屋さんに就職してたら即クビだね。

先生にも笑われちゃったし~

「たぶん私この仕事向いてません」って言い訳しましたw

ただそのお陰でひとつ褒められましたww←まさかでしょw

それは。。。

注文聞き間違えた時の謝り方が大変良かったみたいw

ほんと電話でお客さんが怒った時の謝り方って難しいみたいなんです。

確かにこの仕事始めたばかりの頃ってよく怒るお客さんや苦情を言うお客さんに

何度か接した事があったんだけど~

慣れてないとドキドキして引いちゃうので、余計に相手を怒らせるんだって~

ひめの仕事って基本的にお客さんにとってはいい電話じゃない事を案内してるので。

なるべく相手に不快な気分にならない話し方を心がけてるせいか。。。

たぶん自然に謝り方が身についたみたいです。

先生もそれを見抜いたようでw

「もしかして普段からクレーム受けやすい電話のお仕事してます?」

「はい…。」

謝り方が慣れてるらしい…

もちろん言葉でも謝りながら、口調が明るくなってるみたいなんです。

声のトーンが上がる感じみたいw

もち自分の声も録音で聞きました(・・;)

うん無意識にトーンは上がってたんだけど~

これは演技でもなんでもなく~

ほんとに間違ったから本気で謝ってました(バク)

と先生曰く

この謝り方をされると相手はこれ以上に怒れないと思いますって。

(・0・。) ほほーっ

もぅ電話口で土下座してるイメージなんでしょうかw

これから謝り方の手本にされたりしてw

でも言葉を何度も繰り返すより、別の言い方も入れた方がいいよって。

「申し訳ございません」ばっかりだと余計に怒る人も…

意外なところで褒められて、ちょっとラッキーv( ̄ー ̄)v

もし自分が苦情の電話をした時に相手がうわべだけで謝られたり、

適当に面倒そうに謝られたらきっともっとムカつくと思うので、

そう言う言い方をしたんだと思うんだけどね。

確かに最近は丁寧に話すようになって、怒られる事が少なくなりました。

謝るのも仕事だと思えば苦になんないもんね~

ただ、理不尽な人に対しては毅然な態度で接してますよw

そんな感じの研修でしたw

伝わったかな?

まぁこんなハプニングもいいかもねw

これでやっぱりひめは受電や注文を受ける仕事は無理って分りました。

どんな研修やw

ただほんと自分の失敗にビックリした一日でした。

職業病って言うのは、相手の「もしもし」の声でその人の性格が分っちゃうとこかなw

短気そうな人にはクソ丁寧に話すと案外最後の方は相手も柔らかい口調になってたりします。

ある意味それも職業病かもね。


慣れれば優れた能力が発揮できるのに~

慣れない事は全然出来ません(>_<")

そういえば普段の生活からも…。

優れた能力を発揮するところと、全然バカっぽぃところが極端だったりします。

マルチでなんでも出来るともっと良いんだけどね(ーー;)

そんな器用じゃないみたい(@_@;)

それが良い所だとおもっとこっとw

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。