姫ののんび~りめいぽ日記♪

~リアルな粉雪姫の一日♪~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

カルマ

「カルマ」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「カルマ」とは、日本語では「業(ゴウ)」といいます。その響きからか、怪しいイメージがあったり、スピリチュアル的、オカルト的に捉えられている感があります。
しかし実際には、歴史的な思想哲学の1つであるとも言えますし、仏教の基本概念の1つでもあります。

一般的には、行い、行為、業、宿命 をカルマといいます。

カルマに関連する事で、よく言われている「因果応報」とは、「自分の行いは返ってくる」という意味で使われていますが、実際には、それだけでは理解できない、解明できないこともあります。

一般的に、「因果応報」と聞くと、「自分の行いが返ってくる」と考えがちですが、実際には、 
「行い」が返って来る訳ではなく、「理解していない気持ち(不理解感情・ふりかいかんじょう)を理解する出来事」が起こると考えています。
例えば、誰かを傷つけた時に、傷つけられた相手の気持ちを理解していないと、自分が傷つけられることになる。ということです。

不理解感情とは・・・

① 他者の気持ちで自分が理解出来ていないもの

② 自分の気持ちで他者が理解できていないもの

③ 自分の気持ちで自分自身が理解できていないもの

※つまり、不理解感情のことを「カルマ」とも言います。

基本的には「不理解感情(理解されていない誰かの感情)」により発生する出来事とその仕組み、そのものを指します。バラコミで扱う「カルマ」は、解説していく上で、本人が実感できるものであり、コントロールも可能になってきます。(過去世、前世はコントロールできません)

カルマの実感は「何故だか分からないけどそうしてしまうこと」です。 一般的に言われている「メンタルブロック」もカルマの一部です。 メンタルブロックの、さらに深い部分だとお考え下さい。カルマが関連している出来事については、「思考力」「判断力」「客観性」が著しく奪われてしまい、正しい判断が出来なくなります。

ついついやってしまう。

何故かそれが出来ない。

聞きたいけど聞けない。

言いたいけど言えない。

明らかにやってはいけないことをやってしまう。

同じ事をつい繰り返してしまう。

頑張りたいけど頑張れない。

動きたいけど動けない。

などは「カルマ」が原因と考えられます。すべての人に「カルマ」は存在します。セッションでは、あなたの人生を動かしているしている「カルマ」を見つけて、よいカルマは才能として、さらなる能力アップを目指し、よくないカルマは人生のブレーキとなっていますから、理解しながら解除していきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

他にもこんなトピック発見。

『カルマの法則』

深いね。

誰の中にもある事だと思いますが、これってもしかして大小関わらずみんな持ってるんじゃないかな?

もしこの法則を信じてる人に恨まれたら、凄くコワイ気がします。


先日ネット上である記事を発見しました。

最近起こった大事故に関係する内容です。

詳しくは書きませんが、もしかしたらこの「カルマ」関係してるのかも。

って思ったりしました。

そこにはそうは書かれていませんが。

何かの条件がすべて揃ったときに、凄く大きな出来事になったりするのかも…。


カルマって本人も、第三者も意識しないところでも起こったりするみたいなんです。

そう思うとすべての出来事は、必然してるのかもしれません。

でも悪い出来事って誰もそう考えたりはしませんよね。

普段から気をつけていれば悪い事は起こんない気がします。

いい事があると「日頃の行いがいいから」ってよく言うけど、これって案外当たってるのかも知れませんね~

でもこれってあまり人前で言うとひんしゅくかったりしますが…


最近色々考えさせられる事件が多いですが、もしこの法則が関係してるとしたら。

また別の意味で恐い気がします(@_@;)



Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。